坂本龍馬はフリーメイソンだった!? 02

02 無名だった坂本龍馬を有名にしたのは司馬遼太郎…!?

今ではその名を知らぬ者はいない龍馬だが、驚くべきことに幕末・明治維新時はまったく無名の存在だった。龍馬を一躍有名にしたのは、1962年産経新聞上に、作家・司馬遼太郎が『竜馬がゆく』を連載したのがキッカケだった。これによって、自由闊達な龍馬の生涯が知れ渡り、今日でもその生き様に誰もが一度は憧れる歴史上の人物となったのだ。

だが『竜馬がゆく』はあくまで歴史小説である。小説である以上、読者に楽しんでもらうため数多くのフィクションが盛り込まれる。書かれたすべてが、史実に基づかれた真実とは限らないのだ。そう、我々がよく知る龍馬とは、実は司馬に書かれたフィクションの龍馬にしか過ぎない。司馬自身も、そのことは認めている。『竜馬がゆく』の「竜」の字が「龍」ではないのはそのためである。

龍馬は「竜馬」になることで、日本史のヒーローとなった。しかし、本当の龍馬の姿は歴史の中に埋もれていった。果たして、真の龍馬とはいかなる人物だったのか?龍馬の生涯を掘り返した時、そこに現れたのは、維新のヒーロー龍馬とは全く異なる龍馬の姿だった。龍馬は薩摩、長州、幕府、さらには英国をはじめとする欧米各国の思惑が蠢く幕末を、巧妙に立ち回るスーパーエージェントだったのだ!

 

出典:報道ミステリーTABOO (晋遊舎ムック)

03 暗殺2日前に出された不可解な手紙 につづく

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。