川田亜子アナ自殺の謎

2008年5月26日、東京都港区の路上に停めた車の中で当時人気女子アナだった元TBSの川田亜子アナが練炭自殺を遂げた。
川田亜子その衝撃的なニュースはマスコミをにぎわせ、川田アナが死ぬ前につづっていたブログには死を予期させるような文面があったことから事件性は無し、というのが一般的な見方となった。

しかし、その死には3つの不可解な点が残されている。

1消えた目撃証言

川田アナが発見される前日、車の中で男性と女性が話し込んでいたのを目撃したと証言する人がいた。しかも、この人物は運転席には男性が座っていたとも証言している。

川田アナの死体が発見されたのは運転席。 しかし、この目撃証言はいつの間にかかき消されてしまった。

これは運転免許を持っていない川田アナが運転席で遺体になっていたことと何か関係があるのだろうか…

2車のキーの謎

川田アナが発見された車のキーは、停めてある車の外に落ちていた。

自殺を決意した人間がわざわざ車のキーを外に放り出すだろうか。

それよりも、何者かが外から車のカギをかけた時にたまたま落としてしまったと考えるのが普通ではないか。

3不可解な死体

そして川田アナ自殺の最大の謎。それが死体の謎である。

川田アナは膝を抱えて胎児のような体勢で運転席に座り、右側の窓にもたれかかっていた。

多くの練炭自殺の現場を見てきた警察関係者によると、実は練炭自殺というものは、筋肉が弛緩するため見た者にダランとした印象を与えるものだという。

つまり、川田アナのような体勢での自殺体はまずありえないのだ。

これは何を意味するのか。

もしかしたら、川田アナは別の場所で殺された後、死後硬直が始まる前に、スーツケースに押し込まれていたのではないだろうか。そして死体発見現場の車の中へ運び込まれた。

そう考える方が妥当かもしれない。

現場に遺書があったとはいえ、この自殺にはあまりにも謎が多すぎる。

川田アナはもともとキャビンアテンダントを志望していたが、就職難ということもあって挫折。それでも第二志望のテレビ局にアナウンサーとして就職した。

その美貌もあり瞬く間に「将来の局の顔」ともいわれるようになった川田アナ。

しかし、ちょうどアナウンサーの仕事の面白さに目覚めたころ、1年後輩の小林麻耶アナが入社、自分の居場所を失ってしまった。

仕事にやりがいを見いだせなくなった彼女は一時はアナウンス部からの異動を申し出たという。

そんな時に、大手芸能プロの幹部X氏と親密な関係だった川田アナは「報道がやりたいんだろう?俺が何とかしてやる!」という言葉を信じ、フリーの道を歩むことに。

通常局を退社してフリーになった女子アナは一年間は他の局で仕事ができない取り決めになっているが、X氏の力もあってたくさんの仕事が舞い込むようになった。

しかし、テレビ以外の仕事もこなさなければならず、彼女にとっては肉体的にも精神的にも大きな重圧になったのかもしれない。

X氏とは「報道なんて名ばかりのタレントみたいな仕事ばかりで話が違う!」と、結婚も意識していた2人の仲は完全に冷え切っていった。

やがて川田アナの心は、外国人平和運動家のもとへ…彼のボランティアを手伝うまでになった。

しかし、X氏から「なんであんな男と付き合うんだ!やめろ!」「やつは昔ジュリアナブームの時から六本木のディスコ、クラブに入り浸りで日本人女性をナンパしまくり、2人くらい○○させている!平和活動家なんて偽善だ!」などと批判され、川田アナは激怒していたという。

が、しかしX氏からの忠告は、決して嫉妬からだけのものではなかった。

平和活動家とは裏腹な彼の悪行を川田アナは知ることとなる。

彼女は2人の男性にはさまれ、すっかり人間不信、情緒不安定になってしまった。

それでも、死を選ぶ理由が分からない…これはあくまでも推測にすぎないが、川田アナは2人の男性の暴露合戦ともいえる確執から、ある「何か」を知ってしまったのではないだろうか。

一介の局アナでは知りえなかった「何か」を…

話は少しそれるが、謎の死を遂げたのは川田アナに限らない。

アイドル女子アナの先駆け的な存在だった米森麻美アナ。彼女の死が発表されたのはちょうど2001年の9.11テロがあった1週間後。

米森アナが結婚した相手は某食品メーカーの創業者一族の御曹司…誰もが羨む玉の輿だった。

義父はゴールドマンサックス証券の名誉会長だった。

ゴールドマンサックス証券といえばあのテロがあった前日全社員に対して「米国政府のいかなる建物にも近づくな」とのメモが出回ったと囁かれている。

「何かを知っていた」企業のトップと親族だった米森アナ。

その死因は心不全と発表されたが、男児を出産して3週間後に果たして自殺などするだろうか。もしかしたら…

この背後にある闇組織にとって自殺に見せかけて人を消すくらい造作もないことかもしれない。他殺説もないとは言い切れない。

そして2008年9月、川田アナの自殺をめぐり外国人平和活動家がX氏を名誉棄損で提訴。彼はあるニュースサイトの取材にこう話している。

「これで真実が…亜子が殺されたという事実が(裁判の中で)出てくる。(川田アナへの)脅迫や恐喝について僕はすべてを見ているし聞いている。これが裁判の中で公になる」

今後、死の真相が明らかにされる日は来るのだろうか。 今は亡くなった川田アナの冥福を祈るばかりだ。

出展:テレビが封印する芸能人のヤバい事件史 最終スクープ編!―スペシャルプライス版 (ミリオンコミックス KNUCKLES COMICS)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。