ドル紙幣が9.11テロ予告

2001年の9.11テロで、ワールド・トレード・センター(WTC)ビルに二機の旅客機が突っ込み、ビルは無残に崩壊。その様子が20ドル紙幣の中に刷り込まれていた、という、不思議な事実です。20ドル紙幣を飛行機の形に折ると、ビルが崩れる絵が浮かび上がってきたのです。

 

これでだけでも十分に衝撃的な事実でしたが、実はテロを予告していたのは20ドル紙幣だけではなかった。なんとほかのドル紙幣にも、不思議な予告が隠されていたのです。

 

では、ご説明しましょう。ここにアメリカで流通している1ドルから100ドルまでの紙幣があります。このうち、明らかにデザインが違う1ドル紙幣は、今回は使いません。1ドル紙幣というのは、フリーメーソンの”しるし”が多数刻み込まれた、異質にして特別な紙幣です。他の紙幣とはちょっと別の次元にあるので、今回の問題には関わってきません。使うのは残りの5ドル~100ドル紙幣です。

 

まず、20ドル紙幣から折っていきましょう。やることは同じです。ジャクソン大統領の顔が内側になるように、横に真っ二つに折ります。続いて「TWENTYDOLLARS」と書かれた方を下に持ち、真ん中からこちら側に飛行機の形になるように折ります。なぜ飛行機形に折るかは説明しなくてもわかるでしょう。すると、ペンタゴンが炎上している絵が出ます。そして裏返すと……。WTCビルが炎上しているえが浮かび上がるのです。なぜ20ドル札かというと、9と11をたすと、そう20ドルだからです。

 

ここまでは知っている人も多いかもしれません。しかし、問題はここからです。

 

5ドルから100ドルまでのすべての紙幣を同じように折ります。そうです、飛行機形になるように。そして順番に並べると……

912

いかがでしょう。5ドルから100ドルまでの紙幣に、9.11テロで崩壊していくWTCビルの姿が隠されていたのです。それも順を追って。

 

一体、誰がこんなことを仕組んだのか。9.11テロは、何十年も前から決まっていたことなのでしょうか。

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

出典 ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2
     

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。