77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_s

自分でできる不動産ホームページの簡単SEO

今や、多くの不動産会社の方が、自社サイトをお持ちです。

10年、15年前までは、自社サイトをお持ちでない方もチラホラお見かけしたことを思えば、ITの世界の流れは本当に早いものだと感じてしまいます。

そんな中、今もクライアント様からよく耳にするのが、「SEO対策」という言葉です。

 

SEOとは、インターネットで検索された時の、表示される順位のことで、どんな順位に表示されるかで、自社サイトからの問い合わせ件数が変わってくる、企業にとって生命線となる分野です。

自社の売り上げを左右してしまうほどの影響を持っているわけですから、コストをかけてでも検索上位に表示されたいと思うのが人情です。

ですから、何十万円、何百万円ものコストをかけ、SEO対策に躍起になる会社も多いと聞きます。

 

ですが、これには注意が必要です。

検索結果は、表示する検索サイト(Yahoo!やGoogle等)の優先表示する基準次第で変わってくるということです。

つまり、検索サイトを持つ会社が基準を変えてしまえば、今までコストをかけて育ててきたサイトが、一気に表示すらされなくなってしまうこともあるのです。

事実、業界では話題にもなりましたが、数年前にGoogleが基準を変えてきたことがあります。

その時、私が知るいくつかのサイトも、すっかり姿を見ることはなくなってしまいました。

今も、その基準はゆっくりと変化していっています。

その流れは、私たちが考えているよりも早いスパンで訪れてきています。

つい最近でも、スマートフォンに対応しているかどうかが大きな基準の一つとして発表されています。

 

では、こういったことにどのように対応していくのか。

その方法はとても簡単で、そしてコストがかかりません。

それは、

■自社サイトをマメに更新してあげる

■訪れるお客様が見やすい、わかりやすいサイト構成にしてあげる

たったこれだけのことです。

 

「え?これだけ?」

とあなたは思ったかもしれません。

しかし、考えてみてください。

 

検索サイトを運営する会社は、何の目的で無料で検索エンジンを私たちに利用させているのでしょうか?

それは、広告収入です。

つまり、たくさんのユーザーを集めれば集めるほど、広告を掲載する企業は、高い広告料を支払ってくれます。

ということは、検索サイトを利用するユーザーにとって、「より簡単」で「より便利」な検索サイトであることが、より多くのユーザーを集める絶対条件なのです。

そんな中、検索サイトを運営する側は、何を基準に表示順位を考えるでしょうか。

 

私が運営側なら、

・ユーザーが知りたい情報とかけ離れたサイト

・操作性の悪いサイト

・表示速度が遅くてフラストレーションのたまるサイト

このようなサイトはまずアウトです。

 

逆に、

・検索内容に沿ったサイト

・見やすいサイト

・わかりやすいサイト

・更新頻度が高いサイト

このようなサイトは、上位に表示したいです。

 

ですから、SEO対策をお考えであれば、裏技や特殊な仕組みなどに頼らずに、このようなことに心がけてサイト作りをしていくことで、今後の基準変更にも対応ができるのではないかと思っています。

 

ちなみに、不動産WEB本舗がご提供するホームページは、須磨―ほふぉんにも対応済で、ブログ機能がついていますので、誰でも簡単に更新が可能です。

いいホームページを作るコツ, 新着情報カテゴリーの記事